心が叫びたがってるんだ




見てきたので簡単に感想を。


幼い頃に、自分の言葉がきっかけで家族がバラバラになるという経験をして、言葉を発せられなくなってしまった主人公の順が、高校の出し物のミュージカルを通してその殻を破り、またその過程で周りの人物も、それぞれが抱える「思い」と向き合っていくお話。


出てくる登場人物たちは皆等身大の高校生といった感じで、ストーリー(ミュージカルに向けた準備の部分)も割と現実的に進んでいくから、見ている側も自分の経験に投影しながら見ることができると思う。


順の周りにいる人物たちは、皆何かしら素直に表現できない思いを抱えているんだけど、順の行動や、言葉を聞いていく中で、自分と改めて向き合い、相手に自分の思いを伝えること、そして、相手の思いを受け入れることの尊さみたいなものに気づいていく。


現実では、そんなに素直に思いを届けて、思いを受け入れてってのは難しいと思うけど、この映画の中ではまあその辺は割と綺麗に進んで、見ていて気持ちのいい、清々しさも感じる展開になっている。(最後ちょっと一悶着あるけどね。あの順は個人的に「ちょっとお前それは」と思ったけど、あれはないならないで、人間っぽくない気もするし、評価の難しいところか…。)


で、そうした成長の先にある、集大成としてのミュージカル本番は見ている側の心をとても揺さぶるものになっていて、僕もちょっと泣いてしまった。(普段あんまりミュージカルとか好きじゃないのにね(笑))。

このミュージカルのシーンについては、演出だけでなく本当に声優さんの歌がよかった。
特に順を演じた水瀬いのりさん、なんか上手く表現できないけどすごかった。
落ち着いた歌唱なんだけどとても迫力があって。


こればかりは是非劇場で見てもらいたい。



全体として、始めから目指すところがしっかりしてるから、ストーリーはいい意味ですっきりしていて、鑑賞後の余韻も心地よかった。

あとは乃木坂のED曲もいい感じにはまっていた。


もう一回くらい見てもいいかもな(笑)



心が叫びたがってるんだ 心が叫びたがってるんだ Reviewed by mug on 9/22/2015 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.