フォトショップで作る膨らんだ金属風エフェクト


前回の記事は出来がいまいちだったので書き直します。
あくまでも一例ですが、真似すれば上のレベルのものを作れます。




途中までは前回と同じでレイヤースタイルを当てたレイヤーを重ねていくんですがもう一度書いておきます。


図形や文字ならなんでもいいんですが、ここでは文字を使った例で説明します。




1.


まずはなんでもいいので文字(とりあえず50pt)を用意します。

注意することはひとつだけです。文字色を黒ではなくグレーにしてください。





とりあえずグレーにしておけば、あとから調整レイヤーで明度の変更が効くので大丈夫です。




2.


用意したグレーの文字レイヤー(イラレで組んだものならスマートオブジェクト)を4つ複製してぴったり重ねます(⌘C, ⌘F)。重ねたら下から次のレイヤースタイルをそれぞれ当てて下さい。


一番下 

一番下だけ「ベベルとエンボス」「シャドウ(内側)」の二箇所設定します。



下から二番目

下から3番目

一番上


最初に書いたように対象は50pt程度の文字を想定しています。よってそのままだと対象が大きい時にふっくらした感じが上手く出てくれません。その場合、上のレイヤースタイルでベベルとエンボスの深さ、サイズを大きくすることで上手くいきますので、適宜設定しなおして下さい。
以上の操作で上のようになります。これでも十分メタルチックなんですが、すこしマットな感じです。前回はここで終わっていましたが、更にもう一手間加えます。



3.


新規調整レイヤーから「明るさ・コントラスト」「トーンカーブ」の2つを作成します。




「トーンカーブ」はこんな感じで2つ山を作るといいと思います。

「明るさ・コントラスト」はプレビュー画面を見ながらお好みで設定して下さい。



これで完成です。


偶に(特にエフェクトをかける対象が大きいとき)、レイヤースタイルによって対象が色味がかることがあります。そんな時は「色相・彩度」の調整レイヤーを作成し、彩度をゼロにすることで色味を消すことができます。













Pixivにも上げました。
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=43001188

フォトショップで作る膨らんだ金属風エフェクト フォトショップで作る膨らんだ金属風エフェクト Reviewed by mugridge on 4/20/2014 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.