フォントに注目しよう②『丸ゴシック体の世界』





第2回は角ゴシック…とは行かず、丸ゴシック体。


丸ゴシック体に関しては知識がまるでないので、どういうフォントがあるのか紹介していく形で。まあ、純粋な丸ゴシックってそんなに種類ないんだよね。。サンプルの文章は昔のフォントワークスの書体見本で使われていたものを拝借。




HG丸ゴシック体




まずはWordでお馴染み、HG丸ゴシック体。これに限らず名前にHGと付いているのはリコーのフォント。柔らかい印象が出るので使ったことある人も多いんじゃないでしょうか。



ヒラギノ丸ゴシック




Macで丸ゴシックと言えば、ヒラギノ丸ゴシック。ヒラギノファミリーということで、ヒラギノ明朝、ヒラギノ角ゴとの相性もいい。クセが無くて使いやすいフォント。



まるがめ本丸ゴシック




フロップデザインのフォント。試用版はフリーでダウンロードでき、個人利用が許されている(商用不可)。上でいくつか文字が欠けているのは試用版だからかな。フロップデザインからは他にも「あさご本丸ゴシック」、「くまもと本丸ゴシック」、「かなざわ本丸ゴシック」などなど、沢山丸ゴシック体が出ている。



新丸ゴ




モリサワの丸ゴシック体。有名な角ゴシック体である新ゴの丸ゴシック版。均質なイメージで、案内表示とかに使われることが多い。



秀英丸ゴシック




DNP(大日本印刷)の丸ゴシック体。新丸ゴとは異なり、やや手書きにも近い丸ゴシック体。2012年リリース。現在はモリパスとLETSの両方で使用可能。



筑紫A丸ゴシック




フォントワークスの丸ゴシック体。最初の方のゴシック体と比べてもらうとわかるけど、相当懐をしぼった(文字が持つ空白部分が小さい)デザインになっている。世に出たのは秀英丸ゴシックより4年前の2008年で、昨今の丸ゴシック体のトレンドを作ったフォント。MacではEl Capitan以降標準搭載された(Macを買えば使える)。

余談:このフォントが良い意味で古風な印象を与えるのは、もともと写研に石井丸ゴシック体という書体があり、それが丁度筑紫A丸ゴシックと近い感覚を持っていたからだと思われる。ただ写植からDTPへの移行の中で写研書体の利用ハードルが上がったことや、一時期ニュアンスを持たない均質なフォントが近代的なものとして流行ったことでこの手のフォントには空白期間ができた。最近はそこからの回帰として、懐の狭い丸ゴシック体ブームが起きているんじゃないかと思っている。一度古いとされたものが、時間が経って再び新しいものとして受け入れられているのは面白い。



筑紫B丸ゴシック




筑紫B丸ゴシックは筑紫A丸ゴシックと仮名のデザイン、英字のデザインが異なるフォント。A丸ゴシックより仮名が崩れていて、より古風な印象を与える。こちらもMacではEl Capitan以降標準搭載。



補足
:写植




フォントに注目しよう②『丸ゴシック体の世界』 フォントに注目しよう②『丸ゴシック体の世界』 Reviewed by mug on 6/02/2017 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.