iPhone 6sのバッテリーを交換した話



ずっと前からアナウンスされている無償交換プログラムのやつ。



iPhone 6sの初期のモデルにバッテリーの不具合があるらしく交換してきた。


交換プログラムの対応機種は2015年の9月から10月に製造されたものと、かなり狭いんだけど見事にひっかかっていた。(自分のiPhone 6sがひっかかってているかどうかは下のページで確認できる。)ちなみに問題の機種だとバッテリー残量が30%くらいで突然電源が落ちるという不具合が起きる。確か交換プログラムは昨年の冬頃に知って、その当時は僕は使っていてその症状を確認しておらず、まあほっといていいかと思っていたんだけど、年を越したあたりからどうもこのアナウンスされている症状が出始め、残量が20〜30%で突然落ちるように…。予期せずバッテリー落ちるのはなかなか不便なので、Appleに行って交換することに。


iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム
https://www.apple.com/jp/support/iphone6s-unexpectedshutdown/



iPhoneを暫く預けたりしないといけないのかなと勝手に思っていて、このブログに書いていたように2月末頃まで忙しく躊躇していたんだけど、あるときAppleにちょっと寄って店員に訊くとすぐに交換できるとのことだったので、3月の終わりにAppleに行って交換してきた。


Apple福岡天神


データが消えることは基本的にないらしいものの、念のためにバックアップを取ってくることを要求される。Genius Barそんなに混んでなかったので所要時間は1時間くらいだった。フロントパネルを外すから液晶の保護シートはとれちゃうかなと少し心配していたんだけど、Appleの人が頑張ってくれて(よくわからないけど頑張りますと言っていた)、本当にバッテリーを交換したのかわからないくらいそのままの状態で帰ってきた。でもバッテリーの持ちはかなりよくなって、不具合もなくなったのでちゃんと交換されているようだった。


今回はタダだったけどレシート的なものを見ると普通に交換すると8,000円とからしく、一年半ほど使ってバッテリーがヘタってきた頃だったので不具合抜きにしてとてもタイミングのいい交換プログラムだった。



iPhone 6sのバッテリーを交換した話 iPhone 6sのバッテリーを交換した話 Reviewed by mug on 3/30/2017 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.