日記



福岡の珈琲


とうとう新たな「沼」に嵌ってしまった(笑)次の沼はコーヒーだった。ちなみに前の沼はカメラで、ただ、これは今思うと最初に考えたほどハマらなかったというか、如何せんあれはお金がかかりすぎてハマろうにもハマれなかった。特にカメラ沼の中でも特に深いレンズ沼はいくらお金があっても足りることはないようなブルジョワな世界で、もう一本10万超えとかは普通なので、購入の検討にも至らなかった。(カメラにはレンズに限らず撮影機材(三脚、ストロボ、フィルター、etc...)が色々あるのでそういうのを考えると本当に底なし沼だと思う。その点もう一つ前のフォント沼はまだ良心的な世界だった。)


コーヒー沼の楽しみ方は好きなカフェ・喫茶店を探してみたり、気に入った豆を買って自分でコーヒーを淹れたりといった感じでコスパがすごくいい。勿論、焙煎、抽出、テイスティングと極めようと思うとこれもやばい世界なんだけど、ここはプロの方々がいるのでその方々に任せればいい。この「任せられる」というのが他の沼と大きく違うところ。(でもこれも今のところ…だから、、この後どうなっていくかは…(笑))


こういうコーヒーの楽しみ方はサードウェーブと言われていて、ブルーボトルコーヒーが東京に進出したのをきっかけに(言葉が)一気に広がったと思う。東京にはブルーボトル以外にも沢山そうしたサードウェーブのコーヒーショップがあるようで、ブームの発信地になっている。(サードウェーブという言葉が注目されるようになったのが最近というだけで、そういうコーヒーショップはずっと前からあった。)



それで実は福岡にもレベルの高いコーヒーショップはたくさんあって、楽しもうと思えばかなり楽しめる。人口比で言えば福岡もかなりコーヒーショップある方じゃないかなと思う。



あと、上で東京コーヒーフェスティバルにリンクしたけど、最近全国的にこういうイベントが開催されているようで、福岡でも去年からお店がが企画してコーヒーフェスティバルが開かれている。



「FUKUOKA COFFEE FESTIVAL」行ったけど記事にしていなかった。


こういうサードウェーブでくくられるようなお店は、豆とか抽出法が選べたりするのが特徴で、本当に色々な産地の豆があるので、飲み比べして好きな豆を見つけられるのが面白いところだと思う。最近行っていいなと思ったところが3つくらいあるので最後に書いとく。



カフェミエル



スペシャルティコーヒー専門店のハニー珈琲さんがやっている喫茶店。全席禁煙で雰囲気もよく、お店の方もとても気さくでよいところ。写真はブリュレセットで、コーヒーは豆と抽出法(ドリップ、フレンチプレス、サイフォン)を選べる。あと豆もいろんな産地のいろんな品種が用意されている。お店的にはフレンチプレスを勧めていて、僕もここではフレンチプレスで飲むことが多い。ここは喫茶店だけど、そばにコーヒーを取り扱うショップがあって、そこは豆とかを買うとSサイズのコーヒー(カプチーノとかもある)を一つサービスで提供してくれる。天神の方にも三越の中にショップがあったり、福ビルのTSUTAYAの中にカフェを出店していたり。次に書くRECコーヒーさんもハニー珈琲さんの豆を使用しているらしい。



REC COFFEE



オーナーの岩瀬さんは二年連続で日本でバリスタチャンピオンになっているような方で、カフェラテとかカプチーノとか本当に抜群の美味しさ。目の前でラテアートもしてくれる。行きやすさからHMV&BOOKSの中にあるお店に行くことが多いんだけど、ここは眺めもよく、ほどよく賑やかな感じ。ケーキなどのお菓子も充実していてそっちも美味しい。

http://www.rec-coffee.com/



豆香洞コーヒー



ここ僕は家からとても近いんだけど、オーナーの後藤さんは焙煎の世界チャンピオンになっているような方で、メニューにも豆の産地と合わせて焙煎具合が詳しく書かれていて面白い。お店も綺麗で、アットホームな雰囲気がとてもおちつくところ。

http://tokado-coffee.shop-pro.jp/






更にいくつか行ってみたので追記。


珈琲美美


福岡市中央区赤坂にある珈琲美美さん。ネルドリップが有名なお店。お店の扉を開ける前から珈琲のいい香りがした。一階は豆の小売と焙煎のスペースになっていて、二階に喫茶がある。隣が舞鶴公園なので、窓から緑が見えるのがとてもよかった。吟味を頂いたんだけど、本当に美味しくて深煎りは極めるとこういう美味しさなんだなぁと思った。あとで豆を購入するときに聞いたんだけど、吟味だと100〜120ccに対して30g豆を使っているらしく、すごく贅沢だなと思った。





トップの写真は博多駅でした。

日記 日記 Reviewed by mugridge on 3/27/2017 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.