TrySail 2nd Live The Golden Voyage of TrySail



10月11日にパシフィコ横浜で開催されたTrySailの2ndライブ


2ndライブだけど僕にとっては初めてのTrySailライブで、初めてのTrySail単独イベントだった。


福岡空港。始発は7:00。6時くらいから飛んでくれたらいいんだけど。

今回は遠征費をとことん削減するため、当日朝一の便(福岡⇒羽田)で現地入りし、公演後は宿は取らずに羽田で朝を待って、また朝一の便で帰福するというプランに。結果、遠征費は往復の航空券代20,000円くらいで、10thのときの半分以下に抑えられた。1dayのイベントだと割とこの方法はありかもしれない。




電車の乗り継ぎをミスったり、パシフィコの入り口(写真上の場所)が分からなかったりして、到着したのは10時過ぎ。天気予報は一時雨だったけど、みなとみらいに着いた時にはもう止んでいて、その後も降ることはなかったのは助かった。


ただ、物販は並んだタイミングが最悪で、レジに進むまで2時間以上かかってしまった…。前日からあまり寝てなかったのと、別件で前日も夜2時間行列に並んでいたので、これはかなり堪えた。で、物販に予想以上に時間がかかってしまったもんだから、開場時間を考えると昼ごはんを食べに行く時間もなく、そのまま昼の部を迎えることに。





ということで、まずは昼の部の感想。
(昼夜ともに席は一階のBの前の方だった。)







Prologue

オープニングの演出が終わると、海鳥の鳴き声と波の音が聴こえてき、TrySailの3人がステージのセットの上に並んでいる。前にはマイク、手には台本。Golden Voyageということで、航海がテーマなんだけど、どうやら3人は漂流している設定らしい。元はといえばもちょが「笑顔を集めに行く」と言い出して航海に出たらしいのだが、すでに漂流して何日かもわからない状況で飲水も底をついている。突然「ぷはー」ともちょ。天ちゃんから「今何か飲んだよね?」と聞かれ、「飲んでない飲んでない!」ともちょ。どうやら海水を飲んでるらしく、「海水飲みだしたら終わりだよ」とナンス。


(と、書き始めたものの、こんなに書いてたらいつまで経っても終わらないなと思ったのでちょっと省きます…。それにそんなに覚えてない。あ、それでこれは一応、見てない人には雰囲気伝わらないかもしれないけどコントです。)


天ちゃんナンスの言うことを聞くことを条件にもちょがもはや何の権利もない船長に就任する。(「私が船長なのだ!」のセリフが可愛かった。)
それにしても、いったい笑顔を集めると言ったってどうすればいいのかと困惑する3人。
すると右前方にひとつ目の島が見えてきて、もちょ船長はナンス天ちゃんに上陸の許可を得て上陸を指示する。


1. Sail Out
まさに出港なこの曲は一曲目にぴったりだなと。
横浜で、しかもすぐ側に太平洋が広がっている(と考えていいのか?)パシフィコで聴けるのは特別な気がした。


Sail Outが終わると開演の挨拶の流れになり、それを一通りこなしていると、突然全身がかゆくて堪らなくなる天ちゃん。コントを沢山したら収まるということで、仕方ないから3人でコントを"沢山"するという流れに…。


TrySailコント(不動産・ピザ・学校・面接・食レポ・アイドル)

不動産はルームシェアを考えているもちょナンスが雨天不動産で家を探す話。
おばけやKYなおじさんなど、何かと余計なものばかり付いてくる物件を紹介される。
ナンスは終始ツッコミ役、もちょはどちらかと言うと不動産屋側に乗っかるボケ役(始めナンスのペット扱いされてた)。

ピザはナンスがピザの宅配を注文する。オペレータが天ちゃんなんだけど、何かと咬み合わない。そしてこの店―レインピザ―は雨の日には二倍キャンペーンをやっている。しかしその内容は雨の日に配達時間が二倍になるというもの。雨で配達が遅れるのかと思いきや、雨で外に出たくないから、気持ち待ちの時間が必要でそれで遅れるんだとか。しかも注文の途中でもちょ(店長らしい)が配達に来る。ナンスがまだ注文していなかったコーラを頼むと、もちょはそれを取りに行くことになるが、ここでも気持ち待ちの時間が発生する。


学校はナンスが赴任している小学校に、生徒の天ちゃんもちょが遅刻をしてくる話。遅刻の言い訳が滅茶苦茶で面白い。科目は英語で、ある意味王道なボケツッコミの嵐。終盤はYes!しか言えないもちょを2人でいじっていた。

面接はナンスが店長のお店にもちょ天がバイト面接に来る。もちょは「(o・∇・o)もちょだよ」って感じで、とても面接をこなせそうにない。天ちゃんはそんなもちょに付き添う保護者。

食レポはナンスがディレクターを務めるグルメ番組でもちょが食レポをする話。お店は天ちゃんが大将のラーメン屋。食レポでもちょがいちいち余計な一言を挟む。

アイドルはアイドルユニット"シンフォニー"のデビューライブの話。開始まで10分というところで、厨ニキャラになる天ちゃん。ナンスもちょがどうしようどうしようと言っていると、もちょも厨ニキャラに…。だけどもちょの厨ニゼリフはどこか外れていて。。



コントはここで終わり、再び曲へ。


2. 僕らのシンフォニー
TrySailにこんな曲があったことも知らなかった。1stの時から歌われているものの、まだCD化されておらず、今のところライブでしか聴けない曲とのこと。この日計3回聴いたのに、メロディを思い出せなくなってしまった。。悲しい。。。



ここからソロコーナー。今回は一曲ずつでまずはナンス。ナンスの準備の間もちょ天トークがあった。Velvet Raysの話になり、もちょはVelvet Raysが大好きで、家では大音量でMVを流しっぱなしにしているという話が面白かった。天ちゃんはもちょのソロ曲では腕の動きが綺麗だから注目して欲しいみたいなことを言っていた。


3. ピカピカの太陽 
このソロコーナーはまた衣装チェンジがあって、ナンスは黄色い衣装(←後でもちょ天からひよこネタでいじられてた)。この曲はナンスが好きで最近完結した、学園アリスという作品の、アニメ化されたときのOP曲らしい。明るく可愛らしい曲でナンスに合ってて、振付が最高に可愛かった。


4. 星間飛行
もちょのソロで星間飛行。もちょはこの曲を選ぶにあたって、Google先生に人気のアニソンを聞いたらしい。おや、このくだりもちょやまばなしでも聴いたぞ…といった感じで笑いが起きていた。僕はマクロス知らず、聞き覚えがある曲だなくらいだったけど、すごくもちょの声にマッチしてた。これも振付が最高に可愛い。もちょの衣装は赤で、頭の大きなリボンも可愛かった。


5. Velvet Rays
これは楽しみにしてた。天ちゃんのダンス(特に手の動き)がキレッキレで、歌も力強くてすごく盛り上がっていた。ライブだと一層高まる曲だった。


漫才
でVelvet Raysが終わると、天ちゃんが捌けている間に、もちょナンスが出てきて、ふたりセイルの漫才。突然声優を辞めようと思うとナンスに告げるもちょ。どうしてと聞かれると、声優は儲からない、儲けるにはやっぱり印税だと。そしてもちょは分析する。「およげたいやきくん」や「おさかな天国」、「だんご3兄弟」など、食べ物をテーマにした曲は定期的に爆発的なヒットをするが、ここ最近出てないから狙い目だと。そんなもちょは曲を用意してきたらしく…。

「お肉地獄」爆誕の瞬間である。

この曲、「おさかな天国」の丸パクリに見えるがもちょ曰くコンセプトが違うらしい。
五輪ロゴで世間を賑わせた某デザイナーさんを絡める少しブラックな漫才だった。

2番の歌詞、初期案はラララだったが、天ちゃんのアイディアで(お肉だから)ジュージューになっていた。


6. コバルト
イントロはちょっと長めの特別ver.だった。後のYDもそうだけど、ミュージックビデオが存在するとは言え、フルで振り付けを見れるのはライブだけだなーとふと、そんなことを考えながら見てた。サビの腕を肘で曲げて上下にくるくるさせる振付が気に入ってる。


7. あかね色
知らない曲が流れても、僕にはカバーなのか新曲なのか分からず、終わった後に新曲であることを告げられてそうなのか!と。TrySailとしては初のバラード曲だった。


8. ひかるカケラ
そしてもうひとつ新曲。こっちはYDとかと同系統の曲。3回聴いたけど、メロディを忘れてしまった。ああ…。かろうじてサビ最後の「ひかるカケラ♪」だけ覚えてる。


9. ブルーウォーター
これはカバー曲。ふしぎの海のナディアという作品の曲らしい。出だしと途中のハモリ(ほぼアカペラの部分)が綺麗だった。パシフィコ、ミキサリングの問題かもしれないけど、曲が流れだすと結構ノイジーで歌詞もなかなか聴き取れないのが、不満だったんだけど、このアカペラ部分は本当に3人の声が綺麗に聴けてよかった。


10. ウィーアー!
イントロで3人が後ろ向いて、チカチカライトアップされる演出が格好良かった。


11. Baby My Step
ウィーアー!の後で、次も新曲だと言われて、おお3曲も新曲あるのかと嬉しかった。で、この曲はコールがあるということで、その曲前にBabyの長(←なんだそれ?)である天ちゃんを手本に練習をした。コールはサビ前のせーの!に続く、「Hop! Step! Jump!」とサビの「ベイビー」に続けて「ベイビー」、その後の歌詞に重ねて「さあ急いで〜」「さあ願って〜」と歌うもの。ちょっと難しかったけど、かなりできていた。僕は今日の新曲3曲の中では一番好きだったかもしれない。AメロBメロ?のソロパートが良かった。振付もかなり可愛かった。


Epilogue
何言ってたか忘れてしまった。。


そろそろ終わりが近づき、ここからはラストスパート。天ちゃんがここである程度まとめの挨拶をしていた。


12. ホントだよ
1stの時に振り付けが可愛いと騒がれていて、ずっと気になっていたホントだよ。ホントだよのポーズだけはこの間のウソ・ホントキャンペーン(だっけ?)の動画で見れたので知ってたけど、サビの振り付け全部滅茶苦茶可愛かった。一番動画が欲しいやつ。「ホント」「ウソだ」のコールもようやくできた。


13. Youthful Dreamer
TrySailの1stシングルだから聴いてる僕も結構思い入れがあって、これが最後締めだったのは嬉しかった。CDだとあまり意識して聴いてなかったんだけど、コールがかなり入る曲で、それも盛り上がれて楽しかった。個人的にラスサビ前のFuu!×(3+3+3+1)がすごく楽しかった(笑)あと三角形作る振り付けは振りコピして悦に浸っていた。



ここで一旦閉幕。ここからアンコール。

アンコール(コント)
アンコールはいきなりまたコントで始まる。「シンフォニー」のライブのアンコールのコント。シンフォニーはすでに持ち曲を全部披露してしまっていて、もう歌う曲がない、どうしようという中で、歌われたのは新曲「お肉地獄」(笑)割と真剣なトーンで歌われるシュールな歌詞は聴いてて面白かった。


で、コントが終わると、本物のアンコール。私達もシンフォニーと同じで持ち曲をもう全部歌ってしまったということで、出てきたのはアンコール曲を決めるルーレット。このルーレットを説明してる時に、どこからか部品が落ちてきて、もちょがそれをえいっと投げ捨てたのは笑った。3人がくじで3曲候補を引き、ルーレットに貼り付けてルーレットを回す。沸き起こるパジェロコールの中、針が止まったのはひかるカケラとYouthful Dreamerの境目(笑)二曲という声が結構上がってたけど、一曲しかダメということで、回し直し、結局アンコール曲はひかるカケラになった。


ひかるカケラが終わって、もちょナンスからも簡単に挨拶があって昼の部は終了。


外に出ると空が色づき始めていて綺麗だった。





お腹がすき、飲み物も無くなったので、とりあえずクイーンズスクエア方面へ。お店に入ることも考えたけど、時計見るとそんなに時間もなかったのでコンビニでおにぎりとお茶を買った。クイーンズスクエアでジャズの演奏をやってたのを少し聴いたりもした。




で、夜の部へ。


夜の部の感想は昼と違う点を触れていく感じで。


Prologue

だいたい同じだったんだけど、もちょがしょっぱ!とか、白ご飯が欲しいとか、言ってて昼の部より振り切れてた。あとはもちょは船長じゃなく艦長になってて、もちょ「砲撃用意!」ナンス「どこに砲撃するの?笑」もちょ「みんなの方に(笑」のくだりは笑った。


1. Sail Out
昼の部はコントしたさに痒みが収まらない天ちゃんだったけど、夜の部は頭が割れるような頭痛に襲われていた。痛がっている天ちゃんにナンスが、昼より演技が下手とツッコミを入れて、それに対しもちょが「でも天はねーこのくだり何十回も練習したんだよ」とフォロー?を入れて、天ちゃんが「やめてよ。恥ずかしいから!」って照れてたのが面白かった。


TrySailコント(不動産・ピザ・学校・面接・食レポ・アイドル)

不動産 ルームシェアを考えているもちょナンスが雨天不動産で家を探すのは同じ。入店した途端に「その物件はなくなったんですよー!」と言われて、まだ何も言っていないとナンス。話を聞けばその物件は新築で超優良物件なのだが、実は何十年も昔から貼られっぱなしで物価も違う時代のものだった。虫が苦手だからと高層階を希望すると、富士山何合目かの物件が出てきたり、駅から徒歩14時間とかの物件を紹介されたり、夜の方もぶっ飛んでた。(流れの中でもちょは富士山の物件を気に入っていた(笑))


ピザ アンチョビのトッピングを頼むと「餡をちょびっとトッピングですね」とか言われていた(笑)そして相変わらず存在する二倍キャンペーン。夜の部では雨の日には値段が二倍になるということで、何か配達した瞬間だけ雨が降ったりしていた。


学校 相変わらず天ちゃんもちょは遅刻をして、遅刻の言い訳は滅茶苦茶である。今度の科目は算数で、ナンスが「10個リンゴがあって、たかしくんが6個食べました。残りのリンゴはいくつ?」みたいな問題を出すと、「一人でそんなにリンゴ食べれない」とか「(いくつ?に対しリンゴは)一年に一回しか収穫できないから1歳!」とかまたしても的はずれな回答を連発する。


面接 夜の部は天ちゃんの付き添いにもちょ。しかもキャラクターが2人ともヤンキー(笑)普段見れない2人のキャラが見れたのがとても面白かったし、もちょのヤンキー言葉なんだけど、「(天ちゃんに対し)こいつマジいいやつ」とか「天のこと傷つけるやつは許さねーから」みたいなセリフがツボをついてて凄くよかった。


食レポ 今度は天ちゃんがリポーターで、もちょのラーメン屋で食レポ。天ちゃんが演じるリポーターはギャラを事務所に99.9%持って行かれているらしく、超貧乏。ラーメン屋に入るのは5年ぶり、ラーメンを食べるのは10年ぶりという凄いキャラだった。


アイドル これは最高だった。昼と打って変わって、夜は突然天ちゃんが甘々なキャラに。「そらにゃんだにゃん♪」って来た時の会場の盛り上がりは凄かった。それでもう、そらにゃんはセリフの度に客席から歓声と拍手を送られる始末。そして昼の流れから期待されるのはもちょである。言うまでもなく「もちもち星から来たもちょにゃんだにゃん♪」って来たときの盛り上がりも凄かった。ナンスは「もちょはいつも通りだね…」て言ってたけど、僕はもちょのこんなに甘えた声は聞いたことがなかった。ほんとに最高。


コントはここで終わるけど、流れの中でナンにゃんも登場してにゃんキャラが揃い踏み。最後ナンスが「(*>△<)ナーンにゃーん!」って鳴いて捌けていったのが面白かった。

2. 僕らのシンフォニー


夜の部のソロコーナー最初はもちょ。ということで準備の間天ちゃんナンスのトーク。ナンスはVelvet Raysを踊れるとのことで、天ちゃんが、じゃあ私が踊れなくなったら代わりに踊ってもらって、私は裏で歌ってればいいねみたいなことを言っていた。後は天ちゃんが、「ナンスのソロでガニ股があるんだけど、ナンちゃんがやると可愛い。私がやったら何か違う」みたいな話があった。天ちゃんのガニ股は確かに何か違った(笑)


3. 星間飛行

4. Velvet Rays

5. ピカピカの太陽


漫才
夜の部のふたりセイルはもちょと天ちゃん。天ちゃんが突然「実は声優を辞めたい」(会場からは「えー!」という反応)ともちょに相談しだし、もちょは「天も?私も辞めたいと思ってたんだ」と。じゃあ2人で作曲して残りの1人(ナンス)に歌わせよう、という流れに。天ちゃんが用意してきたという「おもち4兄弟」を披露すると、もちょから色々修正が入り、曲名は結局「おもち2兄弟とおにぎり2兄弟。はいここまで。おなか空いたね〜」になり、歌詞もすごいことになっていた(笑)


6. コバルト

7. あかね色

8. ひかるカケラ

9. ブルーウォーター

10. ウィーアー!

11. Baby My Step
昼も参加した人が6〜7割いたので、コールは練習の段階からほとんどできてた。


Epilogue


Epilogueの後は昼と同じく天ちゃんがここでまとめの挨拶をしていたんだけど、まあとてもよくまとまっていて、もちょはそれを羨望の眼差しで見つめていた。そこがまたかわいい。まだまだ皆さんの作る波に運んでもらっているけれど、いずれは私たちについてこいと言えるくらいに成長したいと、そういう挨拶だった。


12. ホントだよ

13. Youthful Dreamer



アンコール(コント)
シンフォニーの登場。最後にまたにゃんにゃんキャラが観れて嬉しかった。シンフォニーのアンコール曲は「おもち2兄弟とおにぎり2兄弟。はいここまで。おなか空いたね〜」。曲中ナンスは笑いを堪えられなくなってたけど仕方あるまい…。そういえば途中おもちコールがちゃんと入っていた。



この後TrySailの三人から挨拶があり、アンコール曲へ。

候補は「僕らのシンフォニー」「コバルト」「ひかるカケラ」。それで、一度目のルーレットで「ひかるカケラ」になったんだけど、昼もやったなという感じになり、「ひかるカケラ」を除外して「Youthful Dreamer」を加えてもう一度回された。そしてパジェロコールの中、アンコール曲は「僕らのシンフォニー」に。


というわけで、夜の部はこんな感じだった。




あとは上のレポに漏れてしまった断片的な記憶を。


前半のMC。会場全体でウェーブを作ることになり、横方向のウェーブが終わった後(横方向は1stでもやったらしい)、今回は縦(奥行き)方向のウェーブもやりますということになったんだけど、ウェーブの動きの説明でもちょがYDの「レベルあーげて」の振付みたいにと説明する一幕があった。そこでのくだり。


もちょ「レベルあーげて♪」(振り付けつき)
観客 「FuFuu!」
もちょ「あはははは♪もう一回!」
もちょ「レベルあーげて♪」(楽しかったようでもう一度歌う)
観客 「FuFuu!」
もちょ「あはははは♪楽しい!」(ぴょんぴょん)

楽しそうなもちょをナンスと天ちゃんが優しく見つめていた。
めっちゃかわいかった。



衣装チェンジ後のMCでの一幕

その衣装が秋っぽい衣装だという話になり、もちょは
もちょ「飽きのこない衣装ですよね〜」(ダジャレ)
ナン天「うーん…」
観客 「Fuu!」
もちょ「(o・∇・o)」
ナンス「甘やかしちゃダメよ」





初めて参加したTrySailライブで色々な発見があったんだけど、それはまた今度追記しようと思う。



最後に買ったグッズの紹介



トートバッグ。リバーシブル仕様で裏地は青い。


ガチャの缶バッジと、缶バッジをはめ込めるキーホルダー。
缶バッジは交換して頂いて、いい感じに揃った。


これもガチャから。缶バッジは2個セットで出てくるけど、この辺は1つずつ。
一番下のゴムひも使えばよかったなと今になって後悔してる。

TrySail 2nd Live The Golden Voyage of TrySail

ブレードとリストバンド。リストバンドはいつか何かしらのイベントで使いたい。
いや、これも使えばよかったな…。


最後はパンフレット。


結構散財してるうように見えて…多分散財してる。

あとCDも買ったので、そのへんの特典も気が向いたら載せようと思う。





TrySail 2nd Live The Golden Voyage of TrySail TrySail 2nd Live The Golden Voyage of TrySail Reviewed by mug on 10/12/2015 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.