M@STERS OF IDOL WORLD!! 2015 2日目





THE IDOLM@STER 10th Anniversary ライブ

『M@STERS OF IDOL WORLD!! 2015』2日目



朝。時計が7時を回っているのを見てぼんやりと目を覚まし、ホテルのロビーで朝食を済ませた後、この日は8時前にはホテルを出た。


昨晩はホテルに戻ってからも1日目の感想を書き出したり、ナンスへの手紙を書いたり(悲しいことにこれが完成しなかった。パンダのシールまで買っていたのに(涙)やっぱりやっつけじゃ出せないからね…)していたので、就寝は4時を過ぎていた。ちょっと体力的に大丈夫だろうか、と不安もあって、気休めにセブンイレブンで買っておいたレッドブルを飲んだりもしたけど、終わってみれば何も問題なくライブを楽しむことができた。


不思議とライブ期間中は睡眠時間削っても眠くならないんだよね。
気持ちの問題なんだろう。



ちょっと余談。今回、CD先行でチケットの当選が決まり、自分もかなり早い段階で飛行機と宿は抑えたんだけど、結構な人が抽選結果が出る前に宿を予約していたようで、池袋のビジネスホテルは僕が見た時にはすでに18/19をまとめて抑えるのは不可能な状況だった。(海の日を入れて3連休だったのも関係あるか…?)


ということで、今回は仕方ないので大塚駅前のやや割高なビジネスホテルに泊まった。
どうやら朝食のパンがひとつの売りらしく、飲み物もコーヒーとジュースが数種類用意されていてそれは中々良かった。


で、話を戻して、前述のとおり8時前にホテルを出て、まずは山手線で池袋へ。

池袋まで出るとやはり視界の中に5人くらいはPがいるので、案内表示を追うのも面倒くさい僕は、彼らの後を追って西武池袋線ののりばへと歩いた。ホームには丁度飯能行きが止まっていたので、「確かこれ西武ドーム方面に行くやつだよなぁ」なんて思いながらそれに乗りこんだ。(自分が追っていたPは途中で見失った。)


乗ったあとで、スマホで路線図を見ると、飯能行きは西所沢から違うルートになっていたので、とりあえず西所沢まで乗ることに。


日曜朝の空いた電車は、昨日の帰りと同じ路線とは思えないほど快適だった。



途中、この電車に乗ってきたとあるPが、椅子が空いているにも関わらず、立って、バインダーを使いながらファンレターを書いていたのが印象的だった。ファンレターが終わらないなんて言ってた僕もこのくらい一生懸命やるべきだったかもしれない。結局僕はずっと音楽を聴きながらtwitterを見ていたのだが…。







西所沢に着くと、ここにきて初めて知ったが、西武球場前との往復電車が出ていた。

というわけで、それに乗ってドームへ。





8:40ぐらいに到着した。
改札を出ると、係員から当たり前のように、物販スペースへ誘導される。


そもそもこの日わざわざ朝から物販に来たのは、昨日ミリオンの会場限定CDが買えなかったからであり、僕は迷わずCD列へ。

(前日買えていたらこの日は昼くらいまでゆっくり寝て行くことも考えていた。)




昨日とは打って変わって、今日は日差しが痛いほどの快晴。





いつも通り、CDの列はそんなに並んでおらず、逆に脇(写真左)に見えるグッズ列の長さは凄まじかった。
まあ、僕も物販本気出すならグッズに始発で並んで、グッズ買った後にCD並ぶのがベストだよなとは思う。







少し待つと物販が開始され、待機列からは拍手が起こっていた。

同じようなタイミングで、スタッフの方も円陣みたいなのやってて、このお祭り感がいいなーと思った。(昨日も言ったなこれ)





CDを購入した後は、昨日行列してて入る気になれなかった、展示スペースへ行くことに。
時間がまだ早かったので、ここも特に並ばずに入ることができた。



展示について特にコメントはないけど、写真だけ上げておく。























で、次は昨日雨でしっかり写真が撮れなかった、Cygamesが出してるでっかいフラスタみたいなのの写真を撮りに行くことに。





こんな感じで、17日のニコ生でも言ってたけど、なんとCygamesさんの展示にも関わらず、ご好意でミリオンのキャラクターも飾ってくれている。プラットフォームがmobageとGREEで同じアイマスと言えど、競合相手的な面もあるだろうに、Cygamesさんの懐が深さには頭が下がるし、純粋にアイマスを応援してくれている姿勢がうれしい。


春香 

 みりあ。昨日友人が反応していたのでしっかり撮ってみた

ちえりえる 

ミリオン




あと、Cygamesと言えば、物販会場でお姉さんたちが、

「お疲れ様です!プロデューサー!」と言いながらこんなものを配っていた。


「あ…どうも…(照)」

的な感じで受け取るわけであるが、自分が(アイマスの)プロデューサーであることは自覚していても、普段現実に1対1で面と向かって「プロデューサー」なんて呼ばれることはまずないから、こういうのは照れるというか、むずむずする。

まあかなりの量配っていて、前を通る度にくれるもんだから、僕もトータルで10くらい貰ったかな。中はウェットティッシュで、汗を拭くために使わせて貰った。気の利いた配り物だったと思う。





これはフリーで遊べる太鼓の達人。
自分は結局遊ばなかったけれど、この時間帯はそんなに並んでいなかった。



で、プロデューサーが送ったフラスタを撮影しに行くことに。変な執念で全部写真に収めたけど、全部上げると大変なことになるので、いくつか僕がいいなーと思うものをピックアップしてご紹介(いつか別記事で全部上げようかとも思う)。








さて、これで展示系は巡りきったけど、時間はまだ10:30前。日差しが強くてめちゃくちゃ暑い。

小話なんだけど、フラスタの幾つかはスマホでも撮ろうと思って、スマホをずっと手に持っていた。するとスマホが黒いこともあって太陽光をもろ吸収してしまって、カメラを起動するとなんとアプリが落ちるということがあった。Xperia Aなんだけどね、Xperia Z4が自分の熱でカメラアプリを落とすというニュースは見ていたけど、まさか太陽光で落ちるとはね…。


これだけ暑いと、冷たいものが食べたくなり、ニコ生でも紹介していたローソンブースでアイスを買うことに。

今回のライブに合わせて、ローソンブースでは、かき氷と塩バニラアイスを挟んだモナカが売られている。ひとつ買うとおまけで限定のクリアファイル(765、デレ、ミリの3種)が一枚貰える。お値段500円。割高感あるけど、まあ折角のお祭りなので、両方をひとつづつ購入した。







まずかき氷。ミリオンのカップを選んだんだけど、使うのが惜しいくらいにかわいい。でも持ち帰った所で…って感じなので、ちゃんと使ってお役を全うしてもらった。











とうとう、物販開場でやることもなくなったのだが、そういえば演者さんへのプレゼントをまだ渡してなかったなと思い、指定のテントに行った。
(昨日はてっきり会場内にボックスがあるものと思い込んでいて、渡しそびれたのだった。)

今回はそのテントでまず、765、シンデレラ、ミリオンのどこ宛かを聞かれ、タグを貰ったあとで、そこに誰宛かと、自分のP名あるいは本名を書いて、プレゼントと一緒に渡すというシステムだった。


SSAの時は繪里子さんだけに書いたけれど、今回は加えてもちょと天ちゃんにも書いてみた。この面子、随分と自分の(声優さんの)趣向が出てしまってんなーと思うけど、ファンレターなんてまあそんなもんか(そんなもんか?)。ま、内容は当然アイマスの話100%なんだけどね。ライブを重ねる毎にこうして手紙を出したい声優さんが増えていって、それはそれで楽しいけど、大変でもある。僕がこういうの書くのが苦手なのもあるけど、今回だってなんだかんだ準備まで含めると一ヶ月以上かかった。


プレゼントを受け渡し終えると、すぐ近くにアイマ水の販売テントがあった。





すっかり忘れてたし、行った時にはすでに完売。
10時には完売したとか言ってたような…。



で、お昼になったので、そろそろ水を買っとかないとと思い、ファミマへ。この日も店の前まで行列していて、店内は完全にルートが指定されてたんだけど、商品で道を塞いで通路を作っていたのは面白かった。で、食欲もなかったんだけど、並んでいるととろろ蕎麦が目に入り、流石に何か食べておいた方がいいだろうというのと、これくらいなら食べれるだろうと思って、この日のお昼ごはんはとろろ蕎麦になった。それで肝心の飲み物なんだけど、(店の奥にあって入る前には全然見えなかったのであるが)500mlのポカリ・アクエリが全部売り切れていた。仕方ないので唯一残っていたかなり小さいサイズのアクエリ(ラス1)を購入したのだが、このあとすぐに、ここでこのアクエリを買ったのは間違いだったと分かる。


店を出て、適当にスペースを探していると、自販機に500mlのポカリが売っているではないか!

さっき見た時には売り切れていたぞ…。商機を逃すファミマとは裏腹に、ちゃっかり自販機は商品を補充していたのであった。
くそう…、と思いながら、冷静にこのアクエリじゃ足りんよなぁと思ってポカリ500ml(まだ常温)を追加購入。実はこの判断もちょっと間違っていた。


もはやこの小さなアクエリを持っておく意味もないと思い、(喉も乾いていたので)一気に飲み干したあと、とろろ蕎麦をすすった。で、また関係ない話なんだけど、この日は紺のスニーカーを履いていたんだけど、これがまた太陽光を吸収してしまってめっちゃ暑かった。いや熱かった。こんなことあるんだなと結構驚いた。


食べたあとは本格的にやることがなくなったんだけど、そういえば今回まだコール本を頂いていないことを思い出し、なんとなくでそれっぽい方向へ散歩をした。途中見つけた自販機で冷たいポカリを売っているのを発見したのが、さっき言った「間違った判断」の理由である。まだ開けてすらいないポカリを持って、さらにポカリを買うわけにもいかずここはスルーした。


コール本を配布していたのはファミマの付近で、今回は他にもいくつかリーフレットや歌詞カードを配られている方がいた。

(配布物は別記事で紹介)




で、そろそろ人も増え始め、日陰もなかったので、この日は開場してすぐに入場した。
結局ドームの中もすごい蒸し暑さで座ってるだけで汗がダラダラ流れたのであるが…。




それで、開演まで2時間も時間があるので、どうやって時間を潰そうかと思ったんだけど、突然の思いつきで、自分の席からの眺めをスケッチすることに。


いずれライブのBlu-rayは出るだろうけど、この眺めはもう二度と味わえないからね…。
記憶に留めるったって、時間が経てばおぼろげになってしまうのは経験済みだし、そう考えると、これを(写真が禁止されている中で)記録に残すには、方法的にも、時間的にも今スケッチするしかない!って感じだった。





「電子機器による録音、写真撮影は禁止です」を連呼するスタッフを横目に、写真撮影が禁止されたらスケッチするまでよ。て感じで完成させたスケッチがこれ。


なんの準備もせず適当に始めたこともあって、ちょっと雑だけど、雰囲気は伝わるか。


写真で言う画角の問題とかがなくなるから、手書きの方がかえって見てる風景に忠実な気もする。
思いつきで始めたスケッチだったけど、なかなかいい感じだったので、これは今後も続けるかもしれない。




それでスケッチも終わって、席もそんなに広くないから必要な荷物だけ取り出して、整理したりしてたんだけど、ここで改めて持ち込んだ水を見ると、いろはす1本半とポカリ1本しかない。昨日はこれでいけたんだけど、今日は昨日の比ではないくらい暑い、もう開演前から汗がダラダラ流れている。やはり足りない…。


入場前に買っとけよと思うが、時既に遅し。途中で水を買いに行くとか絶対にしたくないので、ここで仕方なく売店で250円のvolvicを購入。結果的にはやっぱり買っておいて良かったので、この判断は間違っていなかった。



さて、席に戻り開演を待っていると、突然場内アナウンスが変った。
その前はというと、それはもうアルバイト感丸出しの(正直)下手なアナウンスだったのであるが、聴いてすぐに「あ、プロだ…」と分かるものに変ったのである。

(麗ちゃまYトンの場内アナウンスがあった)昨日の今日だから、誰だ誰だ…とそわそわする僕。


ひと通りの注意事項を言い終えたあとで、

「アナウンスは…、、黒沢ともよ、夏川椎菜がお送りしました!」
(言い回しが少し違ったかもしれないけど。あとどこかでみっくも加えた96年組3人と読んだけど、僕の結構はっきりした記憶では、アナウンスではこの二名しか名前が上がってなかったと思う。アナウンスしてたのがみっくだったのかな?)

とネタばらし!そして「うぉおおおお!!!」と湧く場内!

そして、昨日はナンスのお誕生日だったということで、

「ナンス、お誕生日…」
(せーの!)
「おめでとぉおおおおおおお!!!!」

やった!言えた!
僕はこれをずっと楽しみにしてたのである。
そんな感じで、開演前から満足感に浸っていた。


そのあと、昨日あったスターティングメンバーの発表は今日もあって、765は昨日と同じだったんだけど、今日は続けてシンデレラとミリオンのメンバー発表もあった。ナレーションは勿論軽口さん。このスターティングメンバー発表の映像、なかなか凝っていて盛り上がったので、円盤には是非ここも収録して欲しい。本物の野球のスターティングメンバー発表をリスペクトしたのか知らないけど、流れるのが開演直前じゃなくて、まだもうちょっと時間あるなってときにやるんだよね。だから収録するなら、本編とは別映像になると思うけど、是非お願いしたい。

余談であるが、野球クラスタとしては、1番天海春香役中村繪里子!ってなったあとに応援団のトランペットが欲しくなったりもした(笑)

あと、もちょ人気すごいね。スターティングメンバーのとき名前のあとは大体ふーとかいぇーいとかだったんだけどもちょだけもちょーって呼ばれてて呼び易さもあるんだろうけど、愛されてるな―と。






1. READY!! 765PRO ALLSTARS+

2. お願い!シンデレラ CINDERELLA GIRLS

3. Thank You! MILLIONSTARS

4. THE IDOLM@STER 2nd-mix THE IDOLM@STER THREE STARS!!!


最初から765、デレ、ミリを代表する曲が並んで、最高に高まった。
そして、大人数で歌う歌マスはやっぱりM@STERS OF IDOL WORLDの醍醐味だなーと感じた。

ただ、この暑さの中でこれだけ飛ばすと、こっちも息が上がるわけで、これらの曲が終わった後のMCの時に、隣の人と今日はやばいっすねwと言葉を交わしたのを覚えている。

そういえば会場に雲がかかっていてメインステージが霞んでいた(笑)



5. Welcome!! MILLIONSTARS
しばしの休憩のあと、またまた高まる曲(笑)
なんだかんだ生では始めて聴いたのだった。


6. キラメキラリ 平田宏美, 浅倉杏美, 滝田樹里

7. Vault That Borderline! 今井麻美, 原由実

8. We're the friends! 五十嵐裕美, 大空直美, 洲崎綾

9. できたてEvo! Revo! Generation! 大橋彩香, 福原綾香, 原紗友里
これはタイムリーで嬉しかった。


10. 星屑のシンフォニア 麻倉もも, 雨宮天, 伊藤美来
メンバー的にないと思ってたからこれは予想外だった。
あまり覚えていないので円盤でまたしっかり見たいなと思う。


11. Sentimental Venus 木戸衣吹, 夏川椎菜, 渡部優衣

12. ジレるハートに火をつけて 愛美, 上田麗奈, 藤井ゆきよ

13. Shooting Stars 山崎はるか, 田所あずさ, Machico
クレシェンドブルーの曲すき。イントロ流れた瞬間きたーって感じで集中して聴いてた。かっこいい。


14. Orange Sapphire 黒沢ともよ, 松嵜麗, 山本希望, 佳村はるか
「Passion」コールのキレと迫力がすごかった(笑)


15. ØωØver!! 青木瑠璃子, 高森奈津美
にゃー!にゃー!って感じ


16. SMOKY THRILL 釘宮理恵, 下田麻美, たかはし智秋
竜宮小町としては久々に聴いた気がする。
途中あずささんにみんなでおめでとうも言えていい思い出になった。

17. 乙女よ大志を抱け!! 中村繪里子, 沼倉愛美
毎度のことながらコールすごかった。
ドームで聴くとまた格別な感じ


18. GOIN'!!! CINDERELLA GIRLS
美波(洲崎綾さん)の掛け声の後の登場。(後で読んだけどこの演出は当日決まったらしい)
アニメで見て今回かなり楽しみにしてた曲。イントロでめちゃくちゃ高まる。
聴けてよかった。盛り上がった。

GOINのコール、サビは完全に重ねるやつだから歌は全く聴こえなくなるのが面白かった(笑)



19. GO MY WAY!! 今井麻美, たかはし智秋, 大橋彩香, 福原綾香, 原紗友里, 山崎はるか, 田所あずさ, 上田麗奈

20. 素敵なキセキ 大橋彩香, 山崎はるか
この辺りから、コラボコーナーが始まる。このオールスター感が堪らなく楽しい。

21. Super Lover 松嵜麗, 渡部優衣

22. トキメキの音符になって 原由実, 佳村はるか, 麻倉もも
はらみーのかわいい系の歌はおおって感じ。
るるきゃんも雰囲気合っててよかった。


23. CHANGE!!!! 平田宏美, 下田麻美, 滝田樹里, 大空直美, 洲崎綾, 山本希望, Machico, 雨宮天, 藤井ゆきよ

24. あんずのうた 浅倉杏美, 五十嵐裕美, 木戸衣吹
これは爆笑。雪歩のお茶飲みたいとか加奈の週休8日とか面白かった。(改変はあずみんのアイディアだったみたいでグッジョブ!って感じ)杏が言うとそこの違和感がなくなるマジックも改めて認識。

数万人のメデメデコールも迫力が凄かった。


25. Romantic Now 黒沢ともよ, 伊藤美来, 夏川椎菜
これも定番というか盛り上がる曲だね。


26. ミツボシ☆☆★ 原紗友里, 上田麗奈
めっちゃ盛り上がった。ちなみに初三ツ星
コールはちゃんと入れれた


27. ふるふるフューチャー☆ 中村繪里子, 沼倉愛美, 青木瑠璃子, 高森奈津美, 松嵜麗, 愛美, 伊藤美来, 渡部優衣

28. フローズン・ワード 洲崎綾, 夏川椎菜, 藤井ゆきよ

29. Believe my change! 黒沢ともよ, 山本希望, Machico


30. ライアー・ルージュ 沼倉愛美, 大空直美, 雨宮天

ライアー・ルージュの天ちゃん、本当に風格があり、凄みを感じた。

上手く言い表せないんだけど、すごくオーラを纏っていて、歌っている姿が本当に画になるのである。(別に贔屓して見てるわけじゃないと思うんだけど、この画になるって点では頭一つ抜けてるように感じる。)多分表情がいいんだと思う。綺麗とか可愛いだけではここまで圧倒されない。天ちゃんのことまだあんまり知らない人もそれなりにいるみたいだし、気づくべき人が気づいていけばそのうち大化けするんじゃないかと期待してる。



31. The world is all one !! 釘宮理恵, 浅倉杏美, 原由実, 五十嵐裕美, 黒沢ともよ, 佳村はるか, 麻倉もも, 木戸衣吹, 夏川椎菜

32. Twilight Sky 青木瑠璃子, 愛美
ロックコンビ、ふたりともかっこ良くて普通に良いコンビだと思った。
間奏で二人エアギターしてる画が印象に残ってる。


33. おねだり Shall We~? 高森奈津美, 伊藤美来
ミックの猫耳と振付がとにかくかわいかった。


34. Never say never 福原綾香, 田所あずさ
この青コンビ好き。今度は逆もやってほしいなと思う。


35. いっしょ 中村繪里子, 今井麻美, 大橋彩香, 福原綾香, 原紗友里, 山崎はるか, 田所あずさ, Machico
7thを思い出す。


36. 自分REST@RT 765PRO ALLSTARS+

37. オーバーマスター 浅倉杏美, 原由実, 沼倉愛美

38. relations 下田麻美, 滝田樹里
昨日も聴いたけど、オバマとrelationsはかっこいい


39. Blue Symphony 田所あずさ, 雨宮天, 夏川椎菜

これはもう、今日の目玉に考えてた内のひとつなので目に焼き付けようとしっかり見切った。モニターの方はどうせ円盤で見れるから参考程度にして、今この瞬間ここでしかみれない実物の方を小さくてもずっと見てた。この曲のダンス好きだ。



40. Marionetteは眠らない 伊藤美来, 藤井ゆきよ
2ndで気に入った曲。なので聴けてコールもできてよかった。



41. Memories 青木瑠璃子, 洲崎綾, 佳村はるか


42. Nation Blue 福原綾香, 五十嵐裕美, 山本希望

これは目玉。前回SSAでnation blueも知らなかった僕は、結果的に何も記憶に残せなかった。その後Blu-rayで見て、すごく後悔して、なんてことをしたんだと思ったもんだから、今日はBlue Symphony同様しっかり噛み締めて聴きてきた。



43. オルゴールの小箱 原紗友里, 大空直美, 黒沢ともよ


44. メッセージ 大橋彩香, 高森奈津美, 松嵜麗
アニメで象徴的だったので聴けて満足。


45. 瞳の中のシリウス Machico, 愛美, 上田麗奈
みんな上手くてすごくいいものを聴けた。特にサビの高音が本当に綺麗だった。


46. ココロがかえる場所
山崎はるか, 麻倉もも, 木戸衣吹, 渡部優衣


47. my song 中村繪里子, 今井麻美, 釘宮理恵, 平田宏美, 下田麻美, たかはし智秋

曲中何も考えず”ただ”のmy songとして聴いてしまったアホです。
あとで言われてみれば、確かに10年のメンバーで感慨深いなと。


48. Star!! CINDERELLA GIRLS

MCで、ちょっと落ち着いたあとのStar!!はまた改まった気持ちで盛り上がった。今回の衣装も相まって何かアニメからそのまま出てきたStar!!を見てるようなそんな感じがあった。


49. Dreaming! MILLIONSTARS

765は特別なmy song、そしてシンデレラは必殺技のようなStar!!で盛り上がり、ミリオンのメンバーが並んだのが見えた時にはいったい何を歌うんだろう…?と思ったらこれ。

知らん曲だなー。また(俺の)予習不足か?と思ってたら新曲だった。いや流石に全員曲を知らない訳はないと思ったから、言われる前からそんな気は少ししてたけど。
新曲だよー!!って言われて高まらないわけがない。すっかりミリオン大好き勢なので、こんな素晴らしい瞬間に立ち会えたことが、感動だった。FU-程度のコールはすぐにみんな掴んで入れていた。ぴょん吉の「新曲だよー!」は今でも耳に残っていて、Dreamingの間奏を聴くとこの声、このときの光景がフラッシュバックする。


50 M@STERPIECE 765PRO ALLSTARS+

51. カーテンコール THE IDOLM@STER THREE STARS!!!

52. THE IDOLM@STER THE IDOLM@STER THREE STARS!!!

53. アイ MUST GO! THE IDOLM@STER THREE STARS!!!

最後のあの雰囲気の中で、みんなで、歌うあの充足感ったらない。




ミリオン2ndでミリオンにすっかり落ちてしまって、ミリオンのステージを早く見たいと思っていたので、こんなに早く叶うとは思ってなかったけど、とても嬉しかった。



で、今年のM@STERS OF IDOL WORLDで強く感じたことがあって、それはミリオンとシンデレラ、それぞれがもう独り立ちしてやっていけるレベルまでコンテンツとして成長した上で開催された今年のライブは昨年を遥かに上回っていたということ。


去年のM@STERS OF IDOL WORLD!! 2014に参加したときは、僕の感覚としてまだシンデレラとミリオンは765と比べて脇役感があって、それこそ去年のメドレーコーナーなんかは、どことなく765が主役でそのおまけでデレミリが一緒に歌っているという印象を持った。


しかし、あれから一年半、シンデレラ、ミリオン共に2つライブを成功させ、すごく勢いをつけてきている中でのM@STERS OF IDOL WORLD!! 2015は、それぞれが強みを持ち寄って、その融合を楽しむ、まさにアイマスのオールスターゲームだったと思う。


だから、今回のライブ、10thという名前は入ってなかったけれど、確かに10thというより「M@STERS OF IDOL WORLD」だった。でもそれで良かったんじゃないかと思う。765だけの10thが見たかったという批判的な意見を見なかったわけではないが(というか個人的にそれは1日目でかなり達成されたと思っている)、パンフでディレ1が言っているように、10年の過去をお祝いするというよりは、10年を迎えた今をお祝いするという、今のアイマスの全力のライブが見れたのが僕は本当に嬉しかった。そして、これは多分去年のアイマスではできなかったことだと思う。シンデレラとミリオンがそれぞれ成長し、765とぶつかっても負けない力と勢いを持ちはじめた今だからこそできた、最高のライブだった。また同時に、この今のアイマスの全力のライブは、10年という節目のその先の豊かな可能性を明確に示してくれた。


僕は昔シンデレラがサービス開始した当初、シンデレラをよく思っていなかった。無くなってしまえ、という程ではなかったが、ゲームはアイマスと名が付いているので追っている、という程度で、本格的に765とと混ぜるのは絶対にやめて欲しいと思っていた。


で、その後ミリオンライブが始まった時にはもっと顕著に拒絶反応が出たのを覚えている。これはミリオンが露骨に765を絡めてきたから。シンデレラで恐れていたことを正にやられてしまったのだ。


それが少し解消されたのは去年のSSAだったか。なんとなくでもずっと続けて遊んでいたシンデレラに親近感もあり、2日目に行ったのだが、シンデレラもミリオンも全然悪くないじゃないかと。


今から思えば、根底にあったのはどうでもいい(と僕が思う)キャラをどんどん登場させて、765が作ってきたアイマスの世界、僕が好きだったアイマスの世界を希釈しないでくれという思いだったんだと思う。

そうして進んだ先にあるアイマスの世界を楽しめる自信が全く無かったから。


でも10thで確信したのは、シンデレラやミリオンは間違いなく765を、アイマスをいい意味で次のステージに連れて行く原動力になるということ。

かつて抱えた不安は消え、765、ミリ、デレが融合した先に絶対に楽しい世界が広がっていると確信できた今、もはやこの3コンテンツを応援しない理由はない。


これからのアイマスが本当に楽しみだ。






M@STERS OF IDOL WORLD!! 2015 2日目 M@STERS OF IDOL WORLD!! 2015 2日目 Reviewed by mugridge on 7/19/2015 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.