君がいなくちゃだめなんだ ―花澤香菜さん舞台挨拶@Tジョイ博多―



Tジョイ博多であった舞台挨拶に行ってきました。


君がいなくちゃだめなんだ」という映画は花澤香菜さん主演の映画で、声優さんが主演する実写映画という珍しさからニュースにもなっていました。


この時点では僕自身あまり気にかけていない映画だったのですが、テアトルで予告を見て少し興味をもったのと、いいタイミングで博多での舞台挨拶が決まったので、これは行ってみよう、ということで、午前の回を申し込みました。


舞台挨拶はTジョイ博多の2番シアターで、ここは僕は初めて入ったんですが舞台挨拶ができるようにステージがあるシアターでした。座席はE列の中央で、まあそこそこの席です。


映画は置いておいて、舞台挨拶の話をしますが、花澤さん可愛かった!

顔小さくて華奢で、あの声で、あのキャラクターで…!

なんかキラキラしてて、これをオーラというのか分かりませんが、いい意味での近寄りがたさみたいなのがありました。こっちが恐縮してしまう感じね。。



しかも座った席が丁度花澤さんの目線の位置と同じくらいで何度か目が合い合ったような気がしました。



それで舞台挨拶であったお話ですが、

花澤さんは昨日福岡入り(しかも初福岡!)したらしく、昨日はスタッフの方と水炊きとごま鯖、イカのお造りを食べたそうです。福岡は美味しい!と仰っていました。それで、ごま鯖を気に入ったらしく、おかわりして2皿食べたというお話や、家でも作りたいけど、味付けが意外と難しそうというお話をされていました。

また、イカはお造りで食べた後、足を揚げたりして食べられたそうなんですが、足がいっぱいあってよかったというコメントで笑いを取っていました。

スタッフ陣はその後花澤さんを先に帰して締めにラーメンを食べに行ったそうなんですが、花澤さんも食べたかったらしく、それでスタッフを妬んでいました(笑)。そこからちょっとラーメンの話になり、スタッフの人は麺の硬さをはりがねで頼んだということで、花澤さんは「はりがねって痛いけど美味しい!みたいな?硬いバゲット痛いけど美味しいから、ラーメンのはりがねも好きかも」みたいな面白いやり取りがありました。


それで今朝は花澤さんはホテルを抜け出し、博多駅をウロウロし、シロヤで行列に並んでパンを買われたそうです。

だから朝9時とか?博多駅うろついてたら花澤さんとニアミスしたかもしれませんね。


そして、映画は冒頭のシーンがニューヨークでの撮影だったので、ニューヨークのお話もされていました。スタバのコーヒーのサイズがでかかったこと、毎日ベーグル食べてたこと、ニューヨークは危ないとこだと思ってたけどそうじゃなかった…など。

あとはFilm scoringのお話、新しく出るCDのお話、6月頃のライブのお話とかもありました。



最後は恒例の「君がいなくちゃだめなんだ」を方言で言って写真を撮るという企画があったんですが、グダグダしてるうちに「あんたがおらんといかんばいたー!」という、どこの言葉なのかよく分からない掛け声になってしまい(恐らく僕を含む福岡県民の方々はこの「君がいなくちゃだめなんだ」の福岡弁(博多弁)がぱっと浮かばなかったんだと思われる。「あんたがおらんといかんばい?」「あんたがおらんといかんっちゃん?」と小声であーだこーだ言ってるうちに誰かがこれを言ってこれになってしまった。それで、個人的には現在の博多弁(というのが正しい表現か分からないけど、福岡の若者が使う言葉という意味で)でこれを言うなら「あんたがおらんといかんっちゃん」だと思うんだけど、言ったときの語感がやや変わってしまうので躊躇してしまった。。あとで見ると大阪は「あんたがおらんとあかんねん」だったらしく、この博多弁も何も問題なかったので、叫べば良かったなーとちょっと後悔してる…。)、それで一枚、「君がいなくちゃだめなんだ―!」でもう一枚写真を撮影しました。間違った方言が伝わってしまったのはあれですが、まあ楽しかったのでご愛嬌ということで。。





そうそう、花澤さんの「はじましての方いますか」という質問に対して、自分もですけど結構手が挙がっていたのは印象的でした。あと福岡以外から来られてた方も多かったようです。で、上の写真、僕の友人くらいならかろうじて見つけられる?レベルで写っているので、ウォーリーを探せ的なノリでどうぞ。








君がいなくちゃだめなんだ ―花澤香菜さん舞台挨拶@Tジョイ博多― 君がいなくちゃだめなんだ ―花澤香菜さん舞台挨拶@Tジョイ博多― Reviewed by mugridge on 4/12/2015 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.